« フランス語 | メイン | ビザ »

2016年12月 3日 (土)

もう12月。。。

去年の12月パリに引っ越して、ほんとにいろんな経験した1年でした。1年後の12月、私はアンジェにいるなんて、全く想像できなかったなぁって思います。今年一年すっごく大変だったけど、その分たくさんたくさん勉強できて、ひとまわり大きくなれた自分がいると思います。

先日パリのプレフェクチュール(県庁)にビザの状況を聞きに行きました。その結果は予想もつかぬ返事・・・・SMSで受け取る連絡をもらうということになってましたが、だれがそう言ったの?1月にランデブーでしょう?というまるでふりだしに戻る回答・・・やっぱりここは日本じゃなくてフランスだった。。。覚悟はしてたのでそんなにはがっかししなかったけど、気持ち上げてアンジェに帰るのが精いっぱいって感じでした。7月からずっと、細い綱の上にいる感じ・・・

この日、パリでルヴァンに関する講習会を受講していました。アソシエーションの皆も6人が参加、その昼休みに抜けてプレフェクチュールへビザのこと聞きに行きました。私の中ではこの日、講習会よりもビザのことがメインでした。有効期限がもう迫ってたから・・・。わたしが家を借りる時にも保証人になってくれたアソシエーションのある人が、プレフェクチュールにもついて行きますよと言ってくれ、彼は私のために時間を割いてくれました。ついて来てくれるということは講習時の昼食も食べれないし午後も時間に間に合って帰ってこれないかもしれないということがわかっていました。

その人は、最近仕事のこと家族のことで忙しくて頭いっぱいだって言ってました。自分自身に余裕ないのに、貴重な時間を私のために割いてくれてまだまだフランス語に不安のある私のために、危うい私のビザのことを思って手を差し伸べてくれました。助けられたのは一度ならず何度も・・・私だったらそうできたか?全く自信ありません。私にかけている部分であり、その人のような人としての心の在り方でありたい、そうなれるよう生きて行きたいと心から感謝した出来事でした。ビザのことでは心配や大変な思いしっぱなしだけど、だからこそとても大切なことを学べたと思っています。

パリでは受け取れないことがわかり、アンジェのプレフェクチュールへ再度問い合わせに行くと、以前問い合わせた時に渡された愕然とした資料(今の私には準備できないかもしれないと覚悟をきめた)とは違う資料を渡されました。その資料を見た時、思わず涙が出ました・・・これだったら何とかそろえれそうという提出書類一覧だったからです。月曜日、必要書類をそろえてアンジェのプレフェクチュールに行ってきます。きっと、うまくいきますように。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Powered by Six Apart