« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月28日 (金)

ありがとう。

1週間だけ日本に帰ってました。母のそばで過ごした1週間、本当にたくさんのことを感じ、心に刻むことができました。

あたりまえだけど、あたりまえすぎて普段忘れてしまっている大切なこと。

普通に息をして、食べ物を美味しいと味わえて食べれて、気持ちいい外の景色や空気をすって街を歩くことも、すべてのことがあたり前ではなくて、本当にもうそれで、素晴らしいことなのだと。。。。

もう自分で自由のきかない、つらそうな母がつぶやいていた言葉、ありがとう、ありがとう、ありがとう。。。忘れられない。

がんで、食べることも息をすることもむずかしくなった母が転院を願って私たちに行った言葉、勉強したい、もっとがんのこと勉強して良い状態にもっていきたい、勉強したい。。。今のここでの時間が無駄に思える。。。時間がない。。。その言葉が、母の生き方、あり方を現していると思ったし、まさに今私が、今の自分に対して感じていることだったので、同じ血を受け継いでいるなぁと改めて。。。勉強したい、常に学ぶことを生涯にわたり努力し続けてきたその母の生き方をあらわした言葉だと思いました。

パン屋をフランスで開業するための物件を見つける、そのこと、ただそのスタートの一歩さえも、こんなにてこずって、苦労し見えてくるのはむずかしさ…そんな現状の今です。すべての可能性を試します。プライドや迷いを捨て、いろんな周囲の思わくも、ごちゃごちゃしたこともどこかへ置いといて、静かに自分の心に問いかけ、結論を出します。もうすぐフランスに来て3年、十分にこの目標だけのためにすべての時間を費やしてきました。パンを作りたい、そのパンを通して多くの人とつながりたい、そう強く思う今です。

波乱万丈のこのフランスでの日々に、そのありえないような経験に感謝、ありがとう。

2017年4月 9日 (日)

アンジェで一番理想的な地域に、ふとした縁でみつかった物件の可能性を探り、その解決法が分かり、機械業者や粉屋とも話をして、リュアンさんにも経理的なことや開業までのことを学び・・・・・でも、その物件をフランスの別の信用ある会社が契約、私も申し出たけど、貸主が選んだのはきちんと家賃を払い続ける確実な可能性のあるその会社だった。。。。だめだったと分かった時、思いを込めてやり期待した分、がっかり涙した。。。

その次の週、以前からいくつか物件を案内してもらった不動産(パン屋の商業権を売っている)とアポイントがあった。その不動産から連絡があり、紹介したいいい物件があるからと。。。。住所はどこ?と聞いてもふっと話題をそらされ待ち合わせ場所だけ決めて、その日。。。。。。不動産と一緒に訪ねたパン屋は、自分が朝働いていた場所だった。。。。家に帰って、いろんな事考えてまた頭はぐちゃぐちゃになった。。。今働いている店のオーナーはアンジェに4つナントに2つ店を持っていて、その中の一つのパン屋。できて2年半の新しい店だけど、売上的に苦労しているのはたまに働きに行っていて他の店と比べ私にも分かっていた。どういう経緯で店のオーナーがそういう考えに至ったのかは考えても仕様がないことだけど。。。。考えぐちゃぐちゃな頭で、ただでさえ日本と違う価値観の流れを感じるフランスで、どう人を信用し、その心を感じるのかよく分からなくなった・・・・・言葉を考えやんわりと不動産を通して、私にはこの店は無理だと思うと断った。。。。でも、オーナーからそのブランドを展開している一番偉い人と日本から帰ってきて話をしようといわれてる。。。なんだか難しいうずの中にいる。。。

次の日、別の不動産から急に連絡が入り、ある物件を紹介された。駅からすぐ近くのいい立地で、アパート付きの家賃も高くはなくとても可能性を感じれる物件だった。ラファイエットの逃した物件のことがあるから今回は早く決めたいと思い、リュアンさんにも一緒に見学してもらえないか連絡した。。。。

あなたを助けてあげたいと思っているけど、自分の店と近いから手を貸せないと言われた。。。。。すぐ近くというわけではないけど、近いと言えば近い物件だった。。そして、すぐ不動産とのアポイントをキャンセルした。私にとって一番大切なのはいろんなことを与えてくれたリュアンさんとの関係だった、それを傷つけてまでもここで店をやる意味はなかった。。。誰も頼れない、いろんなことが見えない、ここで何とか前に進めているのは、リュアンさんの笑顔ややさしさがどんなにか私の心を支えていた、そのことを痛感し、失った時のことを考えると悲しくて悲しかった。。。。リュアンさんの作るパン、彼の人間性、仕事に対する思い、スタッフやお客さんとの関係、店の在り方、すべてが私の理想だった。。。。

店をやる場所を探すうえで、リュアンさんの2つの店、今働くオーナーの持つブランドの7つくらいのアンジェにある店を避けて見つけないといけないと今回のことで改めて分かった。。。。。アンジェは決して広くない、TGVがとまる便利な街で、アンジェ近郊の町はたくさんあるけど。。。。小さいって思う。この町が大好きだった、パリでもない他のフランスの街でもない、この町が大好きだった、でも他の町よりたくさんのパン屋のあるアンジェで、私と関係のあるつながりの店の場所を避けて場所を見つけることができるのかその難しさに直面した。。。ただでさえ理想の物件見つけるの難しいのに、もう何軒ヴィジットしたかわからない。。。

私の母の状態もよくはなく、急きょ来週日本に帰ることを決めたけど、ここ数日のいろんなことはけっこうきつくて、いろいろ考えた。。。。少し時間を空けゆっくり心と対話したいと思っています。アンジェなのか、日本に帰るべきなのか。。。。私が求められている場所はどこなのか。。。

人生のドラマ

この一週間ちょっといろんなことがありました。。。人生のドラマのような展開を、予想もできないような数々の展開に、涙し、涙し、目をはらしました。。。深く考えた日々でした。目の前に起こってくることは、考えるべききっかけであり、そのこと自体が悪いことなのかいいことなのかは、今は分からないっていうことはわかってはいても、泣きたいときは泣く、その起こったことをじっくり考え何かを言ってるのかを見つけないといけないし・・・・こんな時もある、いつもそうだったし。特にフランスに来てからほんとうに波乱万丈だ~って思った最近でした。

冷静に、遠くから自分の状況ながめてみておもしろい。。。私のパン人生、日本とフランスのパンに関するすごい人たちと神様は会わせてくれて、幸せなことも、深く心に刻まれるつらいことも、いろんな状況で私のドラマを与えてくれた。

これからの私のパンと共に歩むこの人生をどこで、どう歩むべきか今じっと考えています。やりたいことはわかってるのになぁ・・・・

あまりにも起こってくることに悲しくて涙したとき、友人が言ってくれたこと

La vie ne serait pas aussi belle si tout etait trop facile                                 すべてがとても簡単だったら、人生はそれほど美しくないだろう

素敵な言葉だなぁって思った。いろいろあるから、心は磨かれ多くのことに喜びを感じれるのだと思う。

火曜日から日本に1週間急きょ帰ることにしました。今日はとっても暑くて、今年初めて扇風機つけました~!私の屋根裏部屋の現在の気温は28.6度、夏の前には洗濯機のある部屋に引っ越したいなぁ・・・と改めて思う今日でした。

Powered by Six Apart