« 2017年8月 | メイン | 2017年10月 »

2017年9月

2017年9月23日 (土)

今日物件の本契約の日でした。そして、物件のカギを受け取りました。

この日のためにどれだけ頑張ってきたかその道のりを考えると、やっと一つの場所にたどり着けたのだという気持ちはあります。でも、この先オープンまでのまだ数々の乗り越えるべきことを考えると、うれしさと言うより、もう先のやるべきこと思いを巡らせないといけない現実が目の前にあります。

ちょっとだけ、客観的に自分の今の場所を遠くから眺めてみて、肩の力をぬいていいかもって思います。言葉の壁、そのハンンディーとともにフランスで自分の会社を立ち上げ、パン屋をやるべく物件の契約ができたということは、一つの大きな通過点だと思います。絶対に私一人の力ではここまでこれませんでした。助けてくれ,支えてくれた人への感謝の思い、それが今の一番の心にあることです。

シャルトルから家族で引っ越してきてくれた友人、私のパン屋のプロジェクトを支え,これからも一緒に作り上げるためにアンジェにきてくれた、そのことに感謝、今日の本契約後、レストランを予約してくれ、シュープリーズとしてお祝いしてくれました。

いつも立ちはだかる問題ばかりで、簡単にはいかないことばかりですが、だからこそ人の優しさに心から感動し、その優しさが心にしみ、人としても強く優しく成長できるのだと思います。もし、たやすい道だったら、そういう心の感動も何もない味気ない人生なのだろうと思います。精一杯の努力とあきらめず前に進み続ける決意で、明日からもがんばります。

今日、まだまだ見えない改装工事のことで友人と話し合い、今後の方向性を決めつつ、現状を考えると正直焦っていました・・・その時、思いがけない人からの思いがけない電話で、一つの解決策が見つかりました・・・その時涙があふれました・・・教えられた気がしたんです。

きっと道のりはこれからも険しい,でも今自分がやろうとしていることは、やるべきことであり、きっと実現できる、神様がそう導いてくださっていると、きっとすべては一番いい方法でうまくいく、そう感じれた日でした。その私の気持ちを理解してくれている友人夫婦がともに作り上げてくれることへ感謝します。

2017年9月19日 (火)

なんだか先はまだまだ不透明な今ですが、今できることを、毎日を頑張っています。

今週は、いよいよ本契約、ほんといろいろあって1週間伸びたけど…ほんとに今週金曜日行われるのか、あまりにも複雑すぎる仕組みですフランスは・・・3人のノテール(公証人)とたくさんの書類とやりとりと・・・日本でパン屋やるのとは天と地の違いのはじめの一歩。。。

今働いている店のオーナーに、場所を決めたことを告げ、近いうちにこの店を去ることをオーナーも再認識したというわけで・・・やめる前に家も探さなきゃいけないです。この国の賃貸契約は非常に複雑で、雇用契約があるうちに決めないと・・・洗濯機が置けて、自転車で坂を上って仕事に行かなくていい、自分のパン屋に近い場所に~

改装工事の2倍の正式見積もりが上がってきて、泣いた日。。。。その後いそがしかった・・・はじめからやり直しって感じで、でもきっともっと良い方向に向かってくれると信じてる。何より、リュアンさんやシャルトルから引っ越してきてくれた友人に助けられ・・・心から感謝。もうこれだけで幸せだと思えるくらい、やさしい彼らの心に深く感謝。忘れないと思います一生。

あしたもがんばろうっと。

2017年9月 9日 (土)

来週の本契約を前に、いろいろと越えていかないといけないこといろいろと・・・加えて、昨日は仕事終わって、機械の業者との打ち合わせにいき、新しい会社に見積もりを依頼、感じ悪そうな人が出てきてほしかったけど、モチベーションの高いいい人で、どうしてこんなタイミングでいつも状況はこうドラマティックに展開していくのだろうと・・・思った。。。もう違う会社で買うことに決まってたのに、考えなくてはいけないそういう状況へ。。。

今日は改装工事の正式見積もりが上がってくる日、その会社に行って打ち合わせで出てきた見積もりの金額と内容に、思わず固まりそうになった・・・自分を遠目に眺めつつ、気持ち落ち着け、伝えるべきことを、もれなく伝えようと伝え、打ち合わせ終わって、その会社から出て、思わず涙がこぼれた。。。。ありえない、日本じゃありえない・・・でも、ここではあり得る。。。そんな感じの状況に、ストレスや思いはためずに、泣きたいときは思いっきり泣く、そして落ち着いて考えよう!というスタイルで今までも生きてきた。だから同行してくれた友人は驚いてたけど、いつもこうだから~ごめんね、心配しないでと、泣いた。。。。

という感じで、いつものように人生スムーズにはいかない。でも、今まであった、ビザ失いそうになった状況や、会社から去るように言われた時や、母の刻々と変わっていく最後の時を思えば、今日みたいな状況は、ちょっとびっくりする問題出現かというくらいに思えた。。。つらい時のその経験は、今を十分に耐えていけるだけの力をつけてくれたんだと思う。ありがとう。

一緒に問題を共有し、私の足りないフランス語を助けてくれ、解決の方向へといつも力を貸してくれる友人に心から感謝、感謝、そう思うとまた涙があふれる今日でした。

ちょっと展開が読めなくなった今日・・・でも、前に進みます。今できることを、精いっぱいの努力と、心の声に従い、心の感じる方向へ進みます。

母はいつもしっかりと私の心を支えてくれています。ありがとう。私は今日も人生を生きている、生かされている、ありがとう。

Powered by Six Apart