« | メイン | »

2018年6月24日 (日)

来週日曜には日本へ!早いなぁ・・・店がオープンして7か月,はじめて店をバカンスで7月1日から23日まで3週間閉めます。日本では考えれませんがフランスでは当たり前に7月8月にみんながバカンスをとり仕事も休み,パン屋やレストランやいろんな店がおのおの閉まってます・・・年間5週間のバカンスをとるので他の時期にもバカンスでいないというのは仕事上連絡をとる際よくよくあり…物事が進まないことがあるのがこの国,学校でさえ2か月行くと必ずバカンススコレールと言って休みになる、え~また学校休みなんだとよく思います,こういう風にして育つと、大人になってもバカンスは人生においてとっても重要な位置になるんだと思います・・・

人生に神様との約束の地があるとしたら、本当に簡単ではなかったけど、やっとその場所にたどり着いたんじゃないのかなってふと思います。自分のやるべきこと,やりたいことが果たせる場所,住んでいて心から心地いいと思え,この場所で素晴らしい出会いに恵まれ、大きくやりたいことが描けていける場所・・・・先週ナントのプチットブーランジュリーに行ってきてMOFのデペリエさんを訪ね話をしました、9月か10月に私の店で一緒にパン作ろうという提案を彼がしてくれ、それが本当に実現したらすごいことだなって思います。8月にはアソシエーションの勉強会にまたムニエさんも来てくれるし、シロンさんも来てくれるかもしれない,来週からはリュアンさんと日本で一緒に講習会!私の憧れだったやりたかったことがこんなにも目まぐるしく実現していくなんて・・・幸せすぎます。

昨日土曜日は近くで朝市がたち、一週間で一番忙しい日,売り上げも1.5倍くらい,お客さんのほとんどが午前中に集中するので、バゲットをきらさず手成形し焼いてとやっていくのはまるでスポーツのようだといつも思う・・・そんな中お客さんが帰り際、あなたのパンはとてもおいしい、このパンが週末をとても豊かにしてくれると言ってくれました。心から嬉しかった言葉で、後からその言葉をかみしめつつ、私が本当にやりたかったこと,それが実現できている今に感謝し、あのパリでの苦しかった懐かしい思い出を改めて思い・・・今の幸せをかみしめました。毎日おいしいパンをこの地域の人のために焼いてゆきたい,そのパンを通して幸せを感じてほしい・・・

人生には予期もしないいろんなことが起こってきます。どん底の苦しい時も,抜け出せない苦しさも、すべてはその時の自分にとって必要なことだったと改めてそう思います。だから今ここにいる,人との出会いがふとしたきっかけを与えてくれ,気づかせてくれたり、あたらしい可能性をもたらしてくれる・・・

ソファーの上でゆっくりとした日曜を過ごせることに最高の幸せを感じつつ、明日はリュアンさんと講演の打ち合わせ~。

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

Powered by Six Apart