« 2018年7月 | メイン | 2018年9月 »

2018年8月

2018年8月27日 (月)

クープドモンドの代表に挑戦した時、念願だったあのモバックの舞台に立てたとき、その時にすごい達成感を感じるだろうと思ったら、何もそんなものは感じなかった・・・それよりとてつもなく努力して,最終残れたって電話で聞いた時一番うれしくて泣いた・・・

同じように、フランスでパン屋をやりたいと10年近く思い続け、やっと実現した今、フランスに自分の会社があり,パン屋を運営し、常連のお客さんもついて、心地よい家にもやっと住めてるのに、今すっごく満足の達成感の中にいるわけではない・・・一番うれしくて泣いたのは、さんざんフランスでの厳しい道のりのなかやっと物件の仮契約にこぎ着けたとき、やっとここまで来たって泣いた・・・

夢が叶ったその場所に何かがあるわけじゃない、新たな悩みや足りなさやまた感じ出すもの・・・その夢に向かう道のりが大切で必要なのだと改めて思う・・・

心に描いたいろんなことが不思議なように実現していっている今、でも心は日々のいろいろに悩んだりイライラしたり、静かじゃないことも多い・・・冷静に眺めると本当に感謝することばかりなのに、小さなことにとらわれ,自分の枠にはめようとしているちっさな自分もいるのが現実。

健康にありがとう、ご飯食べれてありがとう、尊敬する人と出会えてありがとう、素敵なアソシエーションの仲間が居て幸せ,数えだせばきりがないのにね。

今日は店の定休日、でも経理や仕込みに店に行って、あるメールを送ろうかどうか1時間以上悩んでた・・・・やることいっぱいあるのに・・・。そんなもの、どの選択が正しいのか、自分はどうするべきなのか、明日死ぬってわかったら自分はどう生きるのか、いろいろ考えてもよくわからないこともある・・・・じっと心の声を聴き、神様からのちょっとしたサインを大切に見抜き、そうやって前に進んでく。

よし!フランス語どうにかしなきゃ、今日の結論。ちょっと今の仕事量ときついかもしれないけど、また語学学校へ行こうと思う。今から学校へ聞きに行こうっと~。

2018年8月26日 (日)

夏の思い出2018


Dsc_1221憧れだった通訳兼助手の講習会は、私の尊敬し敬愛するリシャールリュアン氏と

Dsc_1313 丸菱さんの展示会にて共に過ごした5日間はとても貴重な時間でした。彼の経営理論を改めて深く理解した講演会

Dsc_1253 日本で作る彼のパンは、フランスと同じようにおいしかったです。テストなしで一発でいいものさりげなく作っちゃう彼の技術にも、飾りけない人間性にも感動

Fb_img_1534872916618 去年の今どうしてただろう・・・影も形もない私も店,屋根裏部屋でまだ暑い夏過ごしてたなぁ…今年は、私のパン屋でシロンさんやムニエさんやリュアンさんが集って話ししてるなんて冷静に眺めればすっごい進歩です!

Dsc_1410 アルザスから去年フランス全土の中からバゲッドコンクールで優勝した彼女も来てくれました。集うみんなが語り合うことによって何か人生のヒントを見いだせるような場に、私のパン屋がなれていることに心から幸せを感じた日でした。

Dsc_1414 常連のお客さんを招待して試食会も開催しました。ムニエさんがパンについて語り・・・素晴らしいこの機会が持てました。毎日のようにパン買いに来てくれるお客さん,そんなとても近いつながりが今の私を支えてくれています。

2018年8月12日 (日)

昨日は、お客さんの家にアペリティフに招待され行ってきました。シャンパンや赤ワインとともに私達が持って行ったプティサレと生ハムメロン、いちご(シャンパンにあう)・・・などとともに夜のひと時を語り合いました。

その後、アンジェ城のイルミネーションを見に行って少しだけ夏を満喫

そしていつもパン買いに来てくれているお客さんのバーへ行ってみました。土曜の夜中の街中の人の多さ,若者の多さにびっくり・・・そのバーもほぼ満席でした。会計頼むと、来てくれたからって半額にしてくれ・・・びっくりしました。いい人だ~ちなみにそのお客さんはクリームパンのファンです。

数日前は、髪を切りに行ってさっぱり短くしました。ここの美容院もほぼ毎日パン買いに来てくれるお客さん、その人はカレーパンのファン。

日本の時とはちょっと違って、お客さんととても近い関係を感じるフランスです。こんな感じがすっごくすきで、この街のパン職人であることに,そのことを通して人とつながっていけることに幸せ感じてる今です。

Powered by Six Apart